無料
エロ
動画

石川真奈美のありがとう〜一つとして同じ女体・女性器形状がない画像・動画を見てくれて。

 
 

能望真言

  1. 22:03:03
右脳を開く!能力開発の最高峰!
能望真言とは、常識にしばられマイナスが強い日本人が、プラスの意識に変わる最良の方法であり、そのプラスの意識を長く持続できる、最もカンタンで効果のある能力開発法です。潜在意識を浄化して波動を上げる最適な方法でもあります。

「ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリ キャマリ ボリ ソワカ」  虚空蔵求聞持法(※)より

能望とは、虚空蔵求聞持法を、忙しい現代人でも手軽に実践できるようにアレンジしたものです。
能望の実践は、体内によどんでいる負のエネルギーを吐き出し、外からのエネルギーを取り入れる
エネルギーの交換でもあります。
それも、アカシック・レコードから宇宙の根源のエネルギーをどんどん引き込める、
他のどの手法でも一般の人には実現できなかった最高峰の方法を実践しているのです。

  ・従来の呼吸法が完璧にできる
  ・高次元のエネルギーの交換
  ・チャクラへのエネルギー補給
  ・各臓器の免疫機能の強化
  ・右脳の活性化
  ・脳波はアルファ支配になり、さらに深いシーター支配にもなる
  ・脳内ホルモン、β-エンドロフィン等の放出
  ・潜在意識の浄化
  ・波動を高め運気を上げる
  ・遺伝子レベルからエネルギーのパワーアップ
  ・意識レベルの向上
  ・アカシック・レコードへのアクセス

ざっと上げただけでも、10以上の効果があるのです。
ですから、多くの皆さんが考えられない奇跡を起こし、幸運を引き寄せているのです。

本格的な能力開発を探している人はたくさんいます。
この情報はその様な人にとっては、ものすごく貴重な情報だと思います。
一人でも多くの人に、この情報を教えることが、皆さんの最大の与える事になります。
莫大な時間と費用をかけた人にとっては、千金の値になる情報ですから、与えてください。
感謝のエネルギーが高まるのです。

また、この能望(虚空蔵求聞持法)は、ムー大陸より継承されたもので、
ムー大陸の崩壊時に能望を唱えて意識レベルを高めた人達が奇跡的に生き残り、
宮古島や沖縄に流れ着きました。

能望がムー大陸からきている!という判定は、エハン・デラヴィ氏にも
キネシオロジーテストで、確認してもらいましたので、確かだと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<能望の実践による能力開発の流れをまとめてみました>

  1、エネルギーの高まり
       ↓
  2、気づき (感謝の念・脳内ホルモンの分泌)
       ↓
  3、協力者の出現、(運気が上向きであることを感じる)
       ↓
  4、小さなシンクロ現象と一時的な小成功
       ↓
  5、さらなるエネルギーの高まり、
       ↓
  6、考えられないシンクロ現象、良い事が次々に起こる
       ↓
  7、奇跡の現象が頻繁に起こる、願望達成!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1〜7まで、2年から3年の周期なのですが、その後も1〜7が、波の様に繰り返し起きてきます。
『幸せの和』のエネルギーがあれば、半分から3分の1の周期に短縮されるのです。
さらに、エネルギーが高まり、土地や家の磁場を根底からプラスに変えると、
5、6、7、が常に起きる状態になります。

能望の実践と、与える、感謝のエネルギーを増幅し、意識のレベルを高めることを
心がけることが大切なのです。





「能望」の実践とは、

 「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」

 と、唱えることです。


 この言葉を唱えることにより、意識がプラスに変化して、氣のエネルギーが高まり、若返りを促す脳内ホルモンや、万病の元になる活性酸素を撃退する一酸化窒素など、すごいことが起きてしまいます。

 今までの体験談などからも、納得されると思います。


 アカシック・レコードは、この中の、アキャシャからきています。

 虚空菩薩像は(アカシャガルバ)ですから、インドの古典哲学も仏教も、ムー大陸の高度な文明と関連しているように思われます。

 般若心経の内容も、素粒子や波動の原理のことを説明している内容ですから、高度な文明との関連が伺えますが・・・。

 「能望」の実践も経験すれば、するほど、現代の科学では考えられない程の、奇跡が起きております。

 さて、ムー大陸の人々は、何万年もの試行錯誤と彼らの叡智の積み重ねで、

 「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」

 という音の組み合わせを、声に出して唱えれば、宇宙の虚空の響きに共鳴し、虚空の蔵(アカシック・レコード)にアクセスできて、宇宙の虚空蔵から、無尽蔵の智慧と富を引き寄せられるということを発見したのです。

 インドでは、虚空蔵のことを「ブラフマン」と言い、智慧の女神、富の女神がいるとも言われております。

「虚空蔵」に「アカシック・レコード」に「意識のテータベース」、アインシュタインの「統一場」、ディビット・ボームの「内臓秩序」、そして、仏教の「涅槃寂静」これらは、同じ概念になります。

 これらは、量子力学的な概念がなければ、生まれない言葉です。

 「虚空蔵」のアカシャに働きかける、ミクロの素粒子のレベルから極大のレベルまで、森羅万象の無数の組み合わせから、宇宙の扉を開く、
「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」
という言葉=キーワードを選び出したのですから、計り知れない叡智です。


アインシュタインもディビット・ボームも現代の最先端の科学者も解明できないのに、

「のうぼう あきゃしゃ ぎゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか」
という言葉の響きで、働きかけて、宇宙の扉を開いたのですから、ものすごい叡智だと思います。

 現代の人類の最先端の科学よりも、1000年も進んでいた科学だからこそ解明できたのでしょう。


 空海の「三教指帰(さんきょうしいき)」に、この真言を百万編、誦すれば大変な暗記力を得られるとあり、虚空蔵求聞持法の説明にも、智慧や暗記力ばかりか、あらゆる財宝を得られる功徳、大願成就の功徳があるとされています。

 日蓮も12歳の時に「日本第一の智者となさしめ給へ!」と、21日間の願掛けをされて、求聞持法を実践され、虚空蔵菩薩様から宝珠を頂かれた!という伝説があります。

 昔の名立たる高僧は、偉大なる空海の業績を熟知していたので、この、求聞持法の実践をされて頭脳を開花されたものと思われます。


 この手法は、真言宗の長い歴史の中で、門外不出の秘伝中の秘伝であり、様々な縛りや制約を設けて、一般の人には取り組めないようにしてきました。

 1000年の封印が解けて、現代の私達が知ることになったことも奇跡の様なもので、私は、「10代生まれ変わっても能望には巡り会うことができないほどの奇跡です」と言ってきました。


 また、ムー大陸の人々は、この言葉を唱えることにより、松果体が振動して、脳内ホルモンが分泌し、この実践に伴い、勢いよく鼻から息を吸えば、体内で一酸化窒素が効率良く生産される!ことも、高度なコンピユーターか何かで、分析して、これらの言葉を抽出していたのです。

 現代の最先端の科学でも不可能なことです。


 各種の脳内ホルモンは、特に奇跡のホルモンであるメラトニンは強力に活性酸素を撃退し、老化を防止して、いつまでも若さを維持できるのです。

 一酸化窒素も、万病から身を守り、血管や臓器の機能を高め、副作用もなく、何よりも効果的に働いてくれるのです。
 
 その他にも、血液の中を最上のホルモンが巡り、全身の細胞に行き渡り細胞間の好ましいコミュ二ケーションが盛んになるのです。

 さらに、氣のエネルギーが全身に巡り、生命力が向上し、心身ともに良くなり、毎日、病気の心配をすることもなく、元気で明るく過ごすことができるのです。


 私の知識では、ムーの人々よりも、1000年も遅れているので、この程度の分析しかできないのですが、科学が進歩すれば、まだまだ、とんでもない奇跡の働きや効果がいくつも明らかになると思います。





※虚空蔵求聞持法とは・・・

空海が24歳のときに書いた『三教指帰 (さんごうしいき)』に、
このように書かれています。
--------------------------
ある日、ひとりの求道者が
私に虚空蔵聞持の法を授けてくれた
その経文はこう説いていた
もしひとが行法にのっとって
この真言を100万遍誦すれば
一切の経典を暗記することができる、と…
以来、私たちは仏陀の誠言を信じ
身を粉にするような修行に入った
--------------------------

『虚空蔵求聞持法』は、虚空のごとく無量の智慧や功徳を有する虚空蔵菩薩を本尊に、その真言を一日1万回、100日間唱え続ける苦行です。しかし、この修法に成功すれば、見聞・知覚したすべてを忘れることがない力を得ることができるとされています。
そればかりか、修行の深さによっては、大神通の呪力をも獲得できるというのです。 もちろん、空海は最も厳しい修行の道を選びました。
さらに空海がそこで密教に触れ、秘法の成就に向かって、命がけの苦行を開始しました。俗世間を離れた静寂の地を求めて四国に渡り、阿波・大滝嶽によじ登り、石鎚山にて瞑想し、やがて室戸岬の洞窟で結跏趺坐したときは、すでに骨と皮ばかりに痩せこけてしまった空海。果たして谷はこだまし、明星が姿を現すような奇跡が起こりました。
--------------------------
それ以来、私は名誉や財産に対する
欲望がなくなった
そして人里離れたところで
大自然と接触する生活を朝な夕なに切望した
軽やかな衣、肥えた馬、速い車
そういうぜいたくな暮らしを見ると
あれもはかなく消えてゆくと考えて哀れになった
また、身体の具合の悪いものや
みすぼらしいなりの者を見ると
どういう因縁でこうなったのかと気の毒になった
こういう有り様を見るにつけ
わたしは世を捨てる決心を
するようになったのだ…
-------------------------

山岳修行とは山そのものが道場であり、そこを仏の世界と見ます。その霊山に籠 こも ることによって、霊的な力を得ようとするのです。空海はそのような修行の日々を送っていました。そしてある時、一人の僧侶から『虚空蔵求聞持法』を伝授されたのです。

真言を唱え、虚空蔵菩薩の化身である明けの明星を心に観じ、さらに真言を唱え続けます。やがて夜明けが近づき、空に明星が姿を現しました。と、その明星がにわかに輝きを増したかと思うと、突然動きました。そしてその光の塊はみるみる洞窟に接近し、洞内にあふれ、やがてすさまじい衝撃とともに空海の口の中に飛び込んできました。その瞬間、空海は虚空蔵菩薩と一体化したのです。空海は、体内に溢れる虚空蔵菩薩の無量無辺の力を感じました。『虚空蔵求聞持法』の秘法は成就したのです!空海の前に、果てのない智慧の光の海が今まさに明け染めたのでした。

その後、中国に渡った空海は、正統な密教の深奥と先師たちの神秘体験のすべてを一身に受け継ぐ恵果阿闍梨より、「あなたには何も教える必要はない。すぐに密教の奥義を伝えよう」と言われ、約3ヶ月をかけて『大日経』系と『金剛頂経』系の密教の伝法を受け、密教世界の王位ともいうべき阿闍梨の位を授かる灌頂の秘儀を受け、出会いから数ヶ月余にして、密教最高の伝授がなされました。真言百万遍修行により右脳が開け天才の域に達していた空海は、伝授されたすべての内容を見事に暗記して持ち帰ったと言われています。

 
 
 
   
 
 
 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
 
 
 

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://femalegenitaltract.dtiblog.com/tb.php/17-2971d547
 
 
集客と引き寄せの法則
集客と引き寄せの法則
ホームへ
ホーム
幸せなお金もちになる三つの条件
幸せなお金もちになる三つの条件

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

close