無料
エロ
動画

石川真奈美のありがとう〜一つとして同じ女体・女性器形状がない画像・動画を見てくれて。

 
 

受精は卵子一個と精子一匹の間で成立します

  1. 17:28:40

実際に精子が卵子と受精するためには
卵子一個に対し精子100匹程度という割合が必要となります


これは卵子を取り囲む卵丘細胞を溶かして卵子内に侵入するまでには
多数の精子による共同作業が必要なためです


一度に射出される精子は数千万匹におよびますが
卵管に到達して受精に携わる精子はほんの一部に過ぎません


膣内に射出された精子は膣〜子宮頸管から子宮内腔を通って卵管に入り
最終的に卵管膨大部において卵子を出迎えますが
ここまでのプロセスにはいくつかの関門が待ち受けており
精子のサバイバルが行われるからです


第1のハードルが「膣」です
膣内は細菌の繁殖を抑えるために酸性に保たれています


しかしこれは精子にとっては適さない環境であり
いち早く子宮内に待避しなければ生存できません


さらに膣は長さにして6〜10センチあり、内腔は細かいヒダ状の構造になっているため
精子にとっては大変広いスペースとなり
子宮口に到達できずに死滅する精子も多いのです


第2のハードルが膣内に突出した子宮膣部から
子宮内に至る通過管である「子宮頸管」です


距離にしておよそ2.5センチのトンネルには粘液が満たされており
細菌の侵入を防ぎます


排卵前後になると頸管腺より透明で粘性に富む
「子宮頸管粘液」が分泌されます


精子はいわば魚であるため液体内しか移動できません


射精された時点で精漿と呼ばれる体液内に存在する精子は
頸管粘液に泳ぎ渡る必要があるのです


この粘液が少なく硬い時には精子はその中を泳いで
子宮内に至ることができません


第3のハードルは子宮から卵管への道のりです
子宮頸管の狭いトンネルを抜けた先は「子宮内腔」の
広いスペースとなります


卵管に至る卵管開口部は狭いので
ここからうまく卵管内に出られるかは運次第です


このようにして、射精された精子は卵子に出会うまでに
数十万〜百万分の1程に減少してしまうのです



 
 
 
 

受精の為の精子量

  1. 10:50:27
男女の性交後に膣口より精液が出てしまうことを心配する方は多いと思われます


液体である精液には必ずある程度の「漏出によるロス」が生じます


また内壁にある細かいヒダ構造により膣の表面積は大きくなります


射出された精液は子宮口付近に限らず膣内に広がるため、「局在によるロス」が生じます


喩えるなら手に取った乳液を両手に塗り広げて


なお手のひらに残った分が有効利用される精液と考えてください


これらのロスを考えると、精子の数や運動率もさることながら


まずは精液量が十分でなければならない



 
 
ホームへ
ホーム

copyright © 2006
Powered By DTIブログ
allrights reserved

close